[PR] 歯周病

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年早々ですが、今年はシャーロックだそうな

新年明けましておめでとうございます(・∀・)
本年のよろしくお願いします。

新年の挨拶をすませたところで早速ですが、今年の嫁のブームはシャーロック・ホームズで決定だそうです(´Д`;)
少なくとも今年前半はシャーロック色に染まりそう。
原因は年末映画のDVDでも見るべと借りてきたシャーロック・ホームズにど嵌りしたからなんですけどね。
シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/07/21)
ロバート・ダウニー・Jr.、ジュード・ロウ 他

商品詳細を見る

よくあるシャーロックホームズのイメージを覆す、原作よりの武闘派なホームズが楽しめますよ(・∀・)
嫁はとにかくジュード・ロウのワトソンに惚れこんでしまってねぇ。
自分のワトソンのイメージはホームズの推理についてこれないおちゃめさんなイメージだったんですが、こちらのワトソンは軍人だった経験を生かした格闘をなんなくやってのけるイケメンでしたよ(*´ω`*)
ホームズとの人間関係もいい感じのやりとりで引き込まれましたよ。
映像の方も19世紀末のロンドンの薄暗い雰囲気を表現していて、楽しめました。

そして、そんな映画シャーロック・ホームズの続編、シャーロック・ホームズ シャドウ ゲームが2012年3月10日に公開(・∀・)

これは観に行かねばなるまいて(*´ω`*)

シャーロック・ホームズの映像作品と言えば、昨年はイギリスBBCの現代版ホームズが凄く評判でしたね(*´ω`*)
Sherlock: Season One [Blu-ray] [Import]Sherlock: Season One [Blu-ray] [Import]
(2010/11/09)
Benedict Cumberbatch、Martin Freeman 他

商品詳細を見る

こっちは気付いた時にはNHKでの放送が終わってしまっていたのがね(´・ω・`)
DVDは英語版しかないからなぁ。
NHKからのDVD発売を待つか、アーカイブを見るか、気合で英語版の英語字幕を翻訳しながら見るか悩ましい。
本場ではシーズン2のDVDが明日発売予定だとか。
こちらもこれからは要チェックですな(`・ω・´)

嫁はまだ原作本を読んでいないのですが、パステーシュもののが敷居が低かろうと買いそろえていました(´Д`;)
こちらはそんなパステーシュの一つ、メアリ・ラッセルシリーズ。
シャーロック・ホームズの愛弟子 (集英社文庫)シャーロック・ホームズの愛弟子 (集英社文庫)
(1997/06/20)
ローリー・キング

商品詳細を見る

老シャーロック・ホームズから探偵業を学ぶ15歳の少女メアリ・ラッセルの物語となります(*´ω`*)
シャーロック・ホームズは本場でもこういったパステーシュ、要はパロディというかスピンオフというか、そう言う作品が沢山あるんですよねぇ。
今では絶版になった、異色作としては、『わが愛しのホームズ』なんてものまで。
わが愛しのホームズわが愛しのホームズ
(1993/03)
ロヘイズ ピアシー

商品詳細を見る

ホームズとワトソンが長期の共同生活をしているにも関わらず、何故ファーストネームで呼び合わないのか?
それは当時のイギリスでは同性愛が禁止されていたから。
まぁそんな色んな意味で本場イギリスの禁じられた同性愛ホームズものという作品(´Д`;)
流石は嫁、よくこんな作品を見つけてくるもんだ。

他にもラノベレーベルのルルル文庫からは『エノーラ・ホームズの事件簿』が出版されてますね。
エノーラ・ホームズの事件簿―消えた公爵家の子息 (ルルル文庫)エノーラ・ホームズの事件簿―消えた公爵家の子息 (ルルル文庫)
(2007/10)
ナンシー スプリンガー

商品詳細を見る

こちらも購入して積んである状態(´Д`;)

後、随分前に感想を書いた気がしますが、新谷かおるさんのコミックで『クリスティ ハイテンション』なんてのもありますね。
クリスティ ハイテンション1 (MFコミックス)クリスティ ハイテンション1 (MFコミックス)
(2007/06/23)
新谷 かおる

商品詳細を見る

こちらはホームズの姪を主人公にしたホームズネタ上手に絡めたコミックになっていて面白いですよ(・∀・)

とまぁ、今年の幕開けはシャーロック・ホームズで行きそうです。
まずは積読を崩してから、原作に取りかかる感じですかね(´Д`;)

よかったら押してくだされ( ゚∀゚)ノ



スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

原作も面白かったです

昨年映画で見た劔岳 点の記の原作小説を読みましたよ( ゚∀゚)ノ

原作としては1977年に書かれた作品です。
明治39年、参謀本部陸地測量部の測量官柴崎芳太郎に未踏峰とされてきた剱岳の登頂と、測量の命令が下ります。
当時の日本地図の空白を埋めるための測量なんですが、この命令が下る理由の一つが、日本山岳会という団体に先に登頂されては陸地測量部の恥という上層部の感情から来ているものでした。
上層部でなくとも、陸地測量部としての誇りとして先に登頂すべきという流れではありましたけどね。
映画の方だとこの日本山岳会が結構重要な位置づけだったのですが、原作の方ではあっさりしていましたねぇ。
それでも剱岳登頂後の彼らの電報はいいものでしたよ( ´ー`)

とにかく、この作品は丁寧に剱岳という未踏の山への挑戦を事細かに描かれています。
また、測量の方法や当時の資料から読み取れる天候についてまで調べて書かれていましたよ。
作者の新田さんも実際に登頂してから書き始めたとのこと。
いやぁ、大したもんです(・∀・)
ただ、ご本人も書いていましたが、測量の方法を文章にするのは難しかったみたいですねぇ。
自分は映画を見てから読んだので映像の補足ができましたが、映画を見ていないと分かりにくいかもしれませんな(´Д`;)
基本的に読みやすい文章でサクサク読めましたよ(・∀・)
小説の最後は実際に新田さんの登頂についてのエピソードが収録されています。

夫婦の共通認識として、大抵の映画は原作に劣ることが多いのですが、劔岳 点の記は原作を読んでみると、良い映画だったんだなぁと再認識しましたよ( ´ー`)
本だと剱岳についても想像の山になってしまいますが、映画の映像を見るといかにすごい山かわかりますからねぇ。
当時、立山信仰で登ってはいけない山とされていた理由が一目でわかる山ですよ(´Д`;)
あんなとこよく登ったものです。
俳優さんたちもしっかり自分たちの足で登ったというのだから脱帽ですなぁ。

俳優といえば、この映画以降は香川照之さんのことをずっと長次郎さんと呼び続けていますよ(・∀・)
どうにもこの役が嵌ってしまってねぇ。
今は龍馬伝で岩崎弥太郎役もやっていますが、こっちもすごいよね(´Д`;)

この作品は原作から入ってもいいし、映画から入ってもいい素晴らしい作品でしたよ。
是非一度読んで、見てくださいな( ゚∀゚)ノ

劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))
(2006/01)
新田 次郎

商品詳細を見る

劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]
(2009/12/11)
浅野忠信香川照之

商品詳細を見る

よかったら押してくだされ( ゚∀゚)ノ

theme : 感想
genre : 小説・文学

たまには一般小説の感想でも

たまには一般小説の感想でも。

退出ゲーム
嫁が一押しで貸してくれた本です。
ジャンルとしては青春ミステリーというのかな?
連作短編四編の内容になっています。
中学の頃はバレー部でスポーツに青春を捧げてしまい、浮いた話の一つもなかったことに危機感を覚えたチカは高校に入ってからは弱小吹奏楽部に入部。
そして、その吹奏楽部の顧問の草壁先生に一目ぼれ。
まぁここまではよくある話なんですが、同様に一目ぼれしたライバルが、なんと男子のハルタ。
1作目はこのハルタが携帯の待ち受けを草壁先生にしていたのがクラスメイトにばれたせいで登校拒否しているところから始まるという(´Д`;)
この二人が中心になって、学校内のトラブルを解決しつつ吹奏楽部員を増やしていく展開になります。
ノリとしてはラノベに近いかなぁ。
登場人物がいちいち立っていて楽しく読めましたよ(・∀・)
そして、最後に収録されている「エレファント・ブレス」は必読ですねぇ。
基本的には明るい話ですが、この話の結末は重めで考えさせられますよ。
軽く読める本なので、興味があったら読んでみてくださいね。
退出ゲーム退出ゲーム
(2008/10/30)
初野 晴

商品詳細を見る

ちなみにシリーズものになっていて、次の巻は初恋ソムリエになります。

モノレールねこ
嫁のお気に入り少年少女飛行倶楽部の作者さんである加納 朋子の短編集です。
収録されている短編の中で自分のお気に入りはセイムタイム・ネクストイヤー、バルタン最期の日ですねぇ。
ちなみに嫁のお気に入りはマイ・フーリッシュ・アンクル、バルタン最期の日です。

セイムタイム・ネクストイヤーは亡くなった娘に年に一度あえるホテルに泊まる話です。
実際には幽霊でもなんでもなくて、娘にそっくりなホテルの従業員の子が演じているのですが、これが心温まるストーリーなんですよねぇ( ´ー`)

マイ・フーリッシュ・アンクルはタイトルまんまな愚かな叔父の話です。
叔父以外の家族を突然失うことになった中学生と、何をやってもダメダメな叔父との生活を描いています。
何故、叔父がダメダメになったかについて物語の最後にわかりますが、なんとも純情な叔父さんでしたよ( ´ー`)
ただ、実際にいたら迷惑だろうねぇ(´Д`;)

夫婦でお気に入りのバルタン最期の日は一番感動しましたねぇ。
たかがザリガニ如きに。
ストーリーはザリガニ主観で進みます。
子供に釣られて家族の一員になったザリガニが、お父さんやお母さんの悩みを聞き役になって家族を見守ります。
子供のいじめ問題などの悩みを超えて家族が仲良く旅行に行っている時に泥棒が!
この後の展開は涙なしでは読めませんなぁ。
たかがザリガニなのに(´;ω;`)
モノレールねこ (文春文庫)モノレールねこ (文春文庫)
(2009/06/10)
加納 朋子

商品詳細を見る


よかったら押してくだされ( ゚∀゚)ノ

theme : 感想
genre : 小説・文学

2009年個人的ブックランキング

2009年内に読破した個人的ブックランキングなんぞを作ってみましたよ( ゚∀゚)ノ

まぁ自分ではなく嫁のブックランキングですけどね。
嫁が今年読んだ本はラノベ含まないで117冊でした。
凄い量読んでいるなぁ(´Д`;)
その中からのTOP10は以下の通りです。

10位 さまよう刃
少年法についていろいろと悩ませられる作品でした。
小説の方は後味が悪目ですが、映画版は後味が少しは良くなっているとの事。
まぁ映画はみていないんですけどね(´Д`;)
さまよう刃 (角川文庫)さまよう刃 (角川文庫)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る


9位 花宵道中
吉原を舞台にした短編集。
本のタイトルにもなっている花宵道中が嫁のお気に入り。
花宵道中 (新潮文庫)花宵道中 (新潮文庫)
(2009/08/28)
宮木 あや子

商品詳細を見る


8位 チルドレン
陣内にあこがれたとのこと。
正直良くわからん感想だ(´Д`;)
自分は未読なのでノーコメント。
チルドレン (講談社文庫)チルドレン (講談社文庫)
(2007/05/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


7位 神去なあなあ日常
三浦しをんさんはマイナー職業について書くことが多いように感じます。
しかもそれが面白く書かれているから凄いですねぇ。
乙女なげやりでしをんさんに出会ったときは直木賞作家になるとは思いませんでしたなぁ(´Д`;)
神去なあなあ日常神去なあなあ日常
(2009/05)
三浦 しをん

商品詳細を見る


6位 終末のフール
世界が後数年で終わるという終末を舞台にした作品。
深海のポールのエピソードが嫁のお気に入りです。
家族や日常について考えさせられたとのこと。
終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
(2009/06/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


5位 クライマーズ ハイ
御巣鷹山のジャンボ墜落事故をめぐる新聞記者の奮闘と、苦悩を描いた作品です。
真実を伝えようとする記者と、それに圧力をかける上層部とのやり取りは胸を熱くさせますし、被害者家族とのやり取りはいろいろと考えさせられました。
丁度今年は沈まぬ太陽の映画も見たので、話がリンクして面白かったですよ(・∀・)
クライマーズ・ハイ (文春文庫)クライマーズ・ハイ (文春文庫)
(2006/06)
横山 秀夫

商品詳細を見る


4位 ラッシュライフ
並走する4つのエピソードが交錯していく件はとても面白かったですよ(・∀・)
これが自分の伊坂デビュー作品でしたねぇ。
とにかく作りこまれたストーリーは一読の価値ありです。
嫁は豊田さんと老犬のエピソードがお気に入りです。
ラッシュライフ (新潮文庫)ラッシュライフ (新潮文庫)
(2005/04)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


3位 博士の愛した数式
これも映画化されて話題になっていた作品ですね。
80分しか記憶の持たない元数学者の博士とその家に家政婦として雇われた私。
そしてその息子のルートとの心のふれあいを描いた作品です。
要所要所に数式を含んだ話があり、これが非常に効果的な作品になっています。
最後の感動はとても良いものでしたよ(・∀・)
博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
(2005/11/26)
小川 洋子

商品詳細を見る


2位 少年少女飛行倶楽部
嫁曰く、とにかく萌えました、とにかく萌えましたとのこと(´Д`;)
神様部長がとにかく嫁のツボをついたようです。
主人公が飛行倶楽部という変わった倶楽部に成り行きで入ってしまい、紆余曲折ありながら頑張って最後には空を飛ぶ。
とにかく読め!というか買え!
と嫁一押しの作品です(´Д`;)
少年少女飛行倶楽部少年少女飛行倶楽部
(2009/04)
加納 朋子

商品詳細を見る


1位 永遠の0
少年少女飛行倶楽部が嫁の一押しであるにも関わらず、1位は永遠の0でした。
まぁこの作品はしょうがない。
大東亜戦争時の零戦パイロットである祖父について孫が調査を始めます。
臆病者と言われた祖父が何故特攻隊として命を散らしたのか、さまざまな当時の関係者からの話を聞いていくうちに辿り着く真実は感動ものです。
この作品が靖国神社へ足を運ぶきっかけにもなりましたからねぇ。
一度は読んだ方が良い作品といえますよ(・∀・)
永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


ラノベ部門はTOP3で。

3位 魔法の雫 薔薇の雫
凄く正統派な少女小説で、昔のコバルト文庫を彷彿とさせる作品です。
こういうのに嫁は弱いんですよねぇ(・∀・)
魔法の雫 薔薇の雫 (コバルト文庫)魔法の雫 薔薇の雫 (コバルト文庫)
(2009/09)
金 蓮花

商品詳細を見る


2位 WH ハートの国のアリス(クローバー含む)
ホワイトハート文庫から出版されているQuinRoseのゲームであるハートの国のアリスのノベル化作品です。
ゲームのノベル化は失敗する方が多いのですが、このWHから出版されているハトアリシリーズは面白く、嫁のお気に入りです(・∀・)
正直ゲームは話が冗長ですが、小説になると読みやすく単純にキャラ好きな人がそのまま楽しめる内容になっています。
ナイトメア可愛いよナイトメア(*´д`*)
クローバーの国のアリス ~The Daydream Lover~ (講談社X文庫―ホワイトハート)クローバーの国のアリス ~The Daydream Lover~ (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2009/12/04)
魚住 ユキコ

商品詳細を見る


1位 身代り伯爵 シリーズ
この作品は本当にハマったみたいですねぇ。
あっという間に揃えた挙句続きはいつ出るんだと自分に詰め寄ってくるくらいですからね(´Д`;)
自分に詰め寄られてもその困る(´・ω・`)
嫁は自称リヒャルトとミレーユの幸せを祈る会会長だそうですよ。
身代わり伯爵の冒険 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の冒険 (角川ビーンズ文庫)
(2007/02)
清家 未森

商品詳細を見る


来年も今年に負けないくらい嫁は本を読むんでしょうなぁ。
その中からのおすすめ本を自分は読むと(・∀・)
どれも面白い作品ですので、是非読んでみてくださいね。
よかったら押してくだされ( ゚∀゚)ノ

theme : 日記
genre : 小説・文学

RDG レッドデータガール読みました

荻原 規子さんのRDG レッドデータガール はじめてのお使いを読みましたよ( ゚∀゚)ノ

嫁がAmazonで購入した1冊なのですが、凄く気に入ったらしく、自分にも読むように勧めてくれました。
以前にも嫁から荻原規子さんの西の善き魔女を勧められて読んでいたので、今作も読むのを楽しみにしていました。

いや、とても面白かったですよ。
世界遺産に登録され、山伏の修験場でもある玉倉神社で育った世間から浮いている少女鈴原泉水子と、父親(泉水子の父親の友人)から訳も分からず山伏の修行を強制されて育った少年相楽深行の物語になります。

泉水子は世間から離れた山奥の神社で育ったせいもあって、とても引っ込み思案で何もできない子なのですが、対照的に深行はスパルタ教育で育てられたこともあって、何でもできる少年です。
この深行君ですが、本人の意思など全く無視されて、半ば強制的に山伏としての修行をさせられていて、その原因が泉水子を守るためという理由のため、泉水子に辛くあたってきます。
自ら都内の進学校にいたのが、父親の横暴で、片田舎の泉水子の学校に転校させられてしまったりすれば意地悪になってもしょうがないですな(;´Д`)

序盤はこの引っ込み思案な泉水子と意地悪な転校生深行とのやり取りが中心になります。
泉水子はとにかく機械が苦手で、苦手というか触れる機械が皆壊れてしまう体質の持ち主です。
このため、よりいっそう時代から取り残されているんですよね。
深行が嫌でいやでしょうがないと思っているところで、パソコンを使用して、海外にいるスーパープログラマである父親と連絡をしようとしたときに、父親とテレパシー的な会話を行ってしまいます。
これ以降、泉水子の特殊な能力が発揮され始めます。

そして、東京への修学旅行のときに事件がおき、泉水子が何者であるのかが解き明かされます。
読みどころとしては、やっぱり二人の心の動きですね( ´ー`)
最後に二人が分かり合えたところで1巻は終わっています。

とにかく、話が読みやすくて面白い作品でした。
この後も続刊するみたいで、早く続きが読みたいですねぇ( ´ー`)

それにしても、ヘリを操縦してしまう深行の父親もかなりのスペックの持ち主でしたが、泉水子の父親がスーパープログラマで母親が公安勤めというのは凄い設定ですね(;´Д`)
まぁ、もともと角川が新シリーズとして立ち上げたファンタジーものですから、多少荒唐無稽な親が出てきても問題ないですけどね。

そういえば、触れる機械が壊れる設定を見ると、くたばれ!ビジネスボーグを思い出すのは自分だけなんだろうなぁ(;´Д`)
中学生の頃に聞いた青春アドベンチャーなるラジオドラマで聞いた作品なんですが、この作品に機械に触れるだけで壊せる設定の人がいて、わざと触れて事件を起こしてビジネスボーグ(サイボーグのビジネスマン)を使用不可能にして、自分達の職を取り戻すというのがあったんですよね。
妙にこの作品覚えてるんだよなぁ。
RDG レッドデータガール  はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG レッドデータガール はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2008/07/04)
荻原 規子

商品詳細を見る

くたばれ!ビジネスボーグくたばれ!ビジネスボーグ
(1995/03)
草上 仁

商品詳細を見る

よかったら押してくだされ( ゚∀゚)ノ
e_04.gif

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

プロフィール

かぼす1010

Author:かぼす1010
腐女子風味の嫁とのまったり日記
ゲームのネタバレもあるのでご用心ご用心

かぼす:管理人、嫁の影響で着実に発酵中
スパロボ好きですが、嫁に頼まれて乙女ゲーにも手をだしています(゚з゚)
シーランド公国の男爵

嫁:腐女子に類する存在、醸造過程。
とびだせどうぶつの森の夢番地はこちら
2800-0252-9771
今は艦隊これくしょんの娘さんたちに愛を注いでます。
シーランド公国の男爵夫人

猫:3匹同居中

MHF
1鯖:ふね
カプトモ:CAPSUXZ9532
猟団:House of Angelica


ふね

キャライラストはエナさんにいただきました(*´ω`*)

時々リバイバルブームが発生し、昔のゲームをむさぼるようにプレイするときがあります( ´ー`)

ソードワールド2.0のリプレイなんぞをyaplogではじめてみました。
興味ある方は覗いてみてね

リンクフリーですので、お気に召したらリンクはって下さいな

アクセスカウンタ


無料カウンター

Twitter
最近の記事
ブログランキング



MHF
応援バナー



三国恋戦記~オトメの兵法!~

遙か6バナー

カテゴリー

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
お世話になってる方、応援してる方のブログリンクです。
RSSフィード
Amazon
復刊ドットコム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。