[PR] 歯周病

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年個人的ブックランキング

2009年内に読破した個人的ブックランキングなんぞを作ってみましたよ( ゚∀゚)ノ

まぁ自分ではなく嫁のブックランキングですけどね。
嫁が今年読んだ本はラノベ含まないで117冊でした。
凄い量読んでいるなぁ(´Д`;)
その中からのTOP10は以下の通りです。

10位 さまよう刃
少年法についていろいろと悩ませられる作品でした。
小説の方は後味が悪目ですが、映画版は後味が少しは良くなっているとの事。
まぁ映画はみていないんですけどね(´Д`;)
さまよう刃 (角川文庫)さまよう刃 (角川文庫)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る


9位 花宵道中
吉原を舞台にした短編集。
本のタイトルにもなっている花宵道中が嫁のお気に入り。
花宵道中 (新潮文庫)花宵道中 (新潮文庫)
(2009/08/28)
宮木 あや子

商品詳細を見る


8位 チルドレン
陣内にあこがれたとのこと。
正直良くわからん感想だ(´Д`;)
自分は未読なのでノーコメント。
チルドレン (講談社文庫)チルドレン (講談社文庫)
(2007/05/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


7位 神去なあなあ日常
三浦しをんさんはマイナー職業について書くことが多いように感じます。
しかもそれが面白く書かれているから凄いですねぇ。
乙女なげやりでしをんさんに出会ったときは直木賞作家になるとは思いませんでしたなぁ(´Д`;)
神去なあなあ日常神去なあなあ日常
(2009/05)
三浦 しをん

商品詳細を見る


6位 終末のフール
世界が後数年で終わるという終末を舞台にした作品。
深海のポールのエピソードが嫁のお気に入りです。
家族や日常について考えさせられたとのこと。
終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
(2009/06/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


5位 クライマーズ ハイ
御巣鷹山のジャンボ墜落事故をめぐる新聞記者の奮闘と、苦悩を描いた作品です。
真実を伝えようとする記者と、それに圧力をかける上層部とのやり取りは胸を熱くさせますし、被害者家族とのやり取りはいろいろと考えさせられました。
丁度今年は沈まぬ太陽の映画も見たので、話がリンクして面白かったですよ(・∀・)
クライマーズ・ハイ (文春文庫)クライマーズ・ハイ (文春文庫)
(2006/06)
横山 秀夫

商品詳細を見る


4位 ラッシュライフ
並走する4つのエピソードが交錯していく件はとても面白かったですよ(・∀・)
これが自分の伊坂デビュー作品でしたねぇ。
とにかく作りこまれたストーリーは一読の価値ありです。
嫁は豊田さんと老犬のエピソードがお気に入りです。
ラッシュライフ (新潮文庫)ラッシュライフ (新潮文庫)
(2005/04)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


3位 博士の愛した数式
これも映画化されて話題になっていた作品ですね。
80分しか記憶の持たない元数学者の博士とその家に家政婦として雇われた私。
そしてその息子のルートとの心のふれあいを描いた作品です。
要所要所に数式を含んだ話があり、これが非常に効果的な作品になっています。
最後の感動はとても良いものでしたよ(・∀・)
博士の愛した数式 (新潮文庫)博士の愛した数式 (新潮文庫)
(2005/11/26)
小川 洋子

商品詳細を見る


2位 少年少女飛行倶楽部
嫁曰く、とにかく萌えました、とにかく萌えましたとのこと(´Д`;)
神様部長がとにかく嫁のツボをついたようです。
主人公が飛行倶楽部という変わった倶楽部に成り行きで入ってしまい、紆余曲折ありながら頑張って最後には空を飛ぶ。
とにかく読め!というか買え!
と嫁一押しの作品です(´Д`;)
少年少女飛行倶楽部少年少女飛行倶楽部
(2009/04)
加納 朋子

商品詳細を見る


1位 永遠の0
少年少女飛行倶楽部が嫁の一押しであるにも関わらず、1位は永遠の0でした。
まぁこの作品はしょうがない。
大東亜戦争時の零戦パイロットである祖父について孫が調査を始めます。
臆病者と言われた祖父が何故特攻隊として命を散らしたのか、さまざまな当時の関係者からの話を聞いていくうちに辿り着く真実は感動ものです。
この作品が靖国神社へ足を運ぶきっかけにもなりましたからねぇ。
一度は読んだ方が良い作品といえますよ(・∀・)
永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


ラノベ部門はTOP3で。

3位 魔法の雫 薔薇の雫
凄く正統派な少女小説で、昔のコバルト文庫を彷彿とさせる作品です。
こういうのに嫁は弱いんですよねぇ(・∀・)
魔法の雫 薔薇の雫 (コバルト文庫)魔法の雫 薔薇の雫 (コバルト文庫)
(2009/09)
金 蓮花

商品詳細を見る


2位 WH ハートの国のアリス(クローバー含む)
ホワイトハート文庫から出版されているQuinRoseのゲームであるハートの国のアリスのノベル化作品です。
ゲームのノベル化は失敗する方が多いのですが、このWHから出版されているハトアリシリーズは面白く、嫁のお気に入りです(・∀・)
正直ゲームは話が冗長ですが、小説になると読みやすく単純にキャラ好きな人がそのまま楽しめる内容になっています。
ナイトメア可愛いよナイトメア(*´д`*)
クローバーの国のアリス ~The Daydream Lover~ (講談社X文庫―ホワイトハート)クローバーの国のアリス ~The Daydream Lover~ (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2009/12/04)
魚住 ユキコ

商品詳細を見る


1位 身代り伯爵 シリーズ
この作品は本当にハマったみたいですねぇ。
あっという間に揃えた挙句続きはいつ出るんだと自分に詰め寄ってくるくらいですからね(´Д`;)
自分に詰め寄られてもその困る(´・ω・`)
嫁は自称リヒャルトとミレーユの幸せを祈る会会長だそうですよ。
身代わり伯爵の冒険 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の冒険 (角川ビーンズ文庫)
(2007/02)
清家 未森

商品詳細を見る


来年も今年に負けないくらい嫁は本を読むんでしょうなぁ。
その中からのおすすめ本を自分は読むと(・∀・)
どれも面白い作品ですので、是非読んでみてくださいね。
よかったら押してくだされ( ゚∀゚)ノ

スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 小説・文学

comment

Secret

No title

かなりたくさんの本を読まれていますね^^

私は活字離れてしまって^^;

今度、参考にさせていただこうと思います^^

今年一年間、お世話になりました^^
来年もどうぞよろしくお願いいたします^^

No title

本当に嫁は良く本を読んでいますよ(´Д`;)
自分も見習わないとねぇ。

どれも面白い作品なんで参考にしてくださいね。

今年はお世話になりました。
よいお年を。
来年もよろしくお願いします。
プロフィール

かぼす1010

Author:かぼす1010
腐女子風味の嫁とのまったり日記
ゲームのネタバレもあるのでご用心ご用心

かぼす:管理人、嫁の影響で着実に発酵中
スパロボ好きですが、嫁に頼まれて乙女ゲーにも手をだしています(゚з゚)
シーランド公国の男爵

嫁:腐女子に類する存在、醸造過程。
とびだせどうぶつの森の夢番地はこちら
2800-0252-9771
今は艦隊これくしょんの娘さんたちに愛を注いでます。
シーランド公国の男爵夫人

猫:3匹同居中

MHF
1鯖:ふね
カプトモ:CAPSUXZ9532
猟団:House of Angelica


ふね

キャライラストはエナさんにいただきました(*´ω`*)

時々リバイバルブームが発生し、昔のゲームをむさぼるようにプレイするときがあります( ´ー`)

ソードワールド2.0のリプレイなんぞをyaplogではじめてみました。
興味ある方は覗いてみてね

リンクフリーですので、お気に召したらリンクはって下さいな

アクセスカウンタ


無料カウンター

Twitter
最近の記事
ブログランキング



MHF
応援バナー



三国恋戦記~オトメの兵法!~

遙か6バナー

カテゴリー

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
お世話になってる方、応援してる方のブログリンクです。
RSSフィード
Amazon
復刊ドットコム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。